現役職員から受験者へ一言アドバイス
(掲載順不同)
※訓練等の挿入写真と掲載した10名は直接関係ありません。
平形貴理
平形 貴理(消防士/東部消防署第二小隊/平成26年度採用)
◇消防士になった実感は?
消防学校の初任科教育を卒業して、初めて現場に出動し活動した時です。どんな現場も緊張と不安はありますが、感謝の気持ちや励ましのお言葉を頂いた時にも、改めて地域住民の方々のために働く消防職員になったのだと実感します。

◇半年間の消防学校で学ぶことは?
消防に関する規律・知識・技術を学び、同時に寮生活で協調性を養います。また、厳しい訓練も同期の仲間たちと助け合いで乗り越えることができ、充実した日々を過ごすことができます。

◇消防士の1日の勤務内容は?
朝出勤して、まず個人装備を準備します。引き継ぎ後、車両・資器材の点検を行い、24時間いつでも出動できるように備え、訓練や事務処理、体力錬成などを行います。翌日の朝、引き継ぎを行い勤務終了です。掃除や洗濯、炊事など生活面も大切な仕事です。

◇隔日(24時間)勤務あけの日の過ごし方は?
ゆっくりと過ごし体を休める事を優先します。疲れやストレスを溜めないように好きなことしたり、体力維持・向上のためにトレーニングも行います。1分1秒でも早く現場に行くために、地理を覚える必要があるので、吾妻管内の地理水利調査も行います。

◇消防官を目指す人へのメッセージをお願いします。
消防の業務は常に危険を伴い、人命と関わりがあります。基本的には男女の区別なく業務を行うため、体力的にも精神的にも決して楽な仕事ではありません。それだけ厳しい世界に飛び込むので、中途半端な気持ちではなく、覚悟を持って消防士を目指してください。女性消防士が増えることはとても嬉しい事であり、その活躍も大いに期待されています。最後まであきらめずがんばってください!
ページの先頭へ
清水千紘
清水 千紘(消防士/消防本部予防課/平成26年度採用)
◇消防士になった実感は?
今近くで人が倒れた場合、一番近くのAEDはどこにあるのか。また車を運転している際に、もしも事故に遭遇したらどう行動するのがベストなのか、または旅館やホテルに宿泊する際に火災に巻き込まれたら消防職員としてどう行動するべきなのかを考えている時、「私は消防士なんだなぁ」と実感します。

◇半年間の消防学校で学ぶことは?
まず消防職員として必要な知識や、技術を訓練や座学を通して学ぶことになると思います。そして半年間という長い期間寮生活をする中で大勢の人と関わり、様々な価値観を共有することでしょう。初任科を卒業し各々が所属へ戻った際に、それが一般の方との関わり方、傷病者との関わり方、または職場の方々との関わり方に良い影響を与えてくれると思います。

◇消防士の1日の勤務内容は?
29年度4月から予防課へ異動となり、隔日勤務から日勤へと勤務形態が変わりました。毎朝8時25分に朝礼があり、就業時刻の17時15分までが勤務時間となります。予防課の業務は各種受付業務の他、完成した建物の検査へ行き、消防に係わる設備などに不備はないのか、建物において危険な箇所はないかを実際に確かめるという業務を行っています。

◇隔日(24時間)勤務あけの日の過ごし方は?
隔日勤務をしていた時の話になりますが、明けの日は家へ帰ってから一度仮眠をとることが多かったと思います。救急のコースや研修会などが病院で開催されることもあり、機会がある時にはそういった研修などに参加していました。その他、自分の趣味を楽しんだりと、1年目と比べると3年目にあたる去年は、自分のペースをつかむことが出来ていたと思います。

◇消防官を目指す人へのメッセージをお願いします。
消防士ってカッコイイな!消防士になりたい!火を消したい!救急車に乗って人を助けたい!救助隊員になって人命救助をしたい!消防官を目指す理由は人それぞれにあると思います。テレビなどで特集されているようなカッコイイ業務だけでなく、消防職員の業務は多岐に亘ります。私自身も入職してから消防職員の業務の範囲の広さに驚いた一人です。消防職員になったらゴールではなく、職員になってからも日々勉強しなければいけないということを知っておいていただければと思います。


2015中之条防災フェア

航空隊合同訓練

水難救助訓練
ページの先頭へ
山口寛人
山口 寛人(消防士/東部消防署第二小隊/平成28年度採用)
◇消防士になった実感は?
訓練等を通して様々な事を学び、学んだ知識と技術を人のために活かせると思い、訓練に取り組んでいるときに消防士になったのだと実感しました。

◇半年間の消防学校で学ぶことは?
消防士として必要な基本の知識を学びます。救助、消防、救急と現場に活かせる知識を学ぶと共に、仲間と訓練や寮生活を過ごし、協調性や信頼感を育み、学べる場であると思います。

◇消防士の1日の勤務内容は?
出勤後、引継ぎを行い、車両や資器材の点検、訓練を行います。常に出動できるように待機をしつつ、各業務を行っています。翌日、引継ぎ後1日の勤務が終了します。掃除や食事の準備などの雑務も勤務内容の一環です。

◇隔日(24時間)勤務あけの日の過ごし方は?
翌日の勤務のために、なるべく休息して体を休めるように過ごしています。

◇消防官を目指す人へのメッセージをお願いします。
消防士は人の命や財産を守るために働きます。危険と隣り合わせな現場で活動することもある大変な仕事です。人のためになりたいという信念を持っている人は、諦めることなく消防士を目指してがんばってください。
ページの先頭へ
五十嵐義明
五十嵐 義明(消防士/西部消防署/平成28年度採用)
◇消防士になった実感は?
小さい頃から憧れていた消防士の服装に袖を通して、現場出場した時です。現場に着くまでの車内では不安でしたが、活動を終え帰署した時に、消防士になったと実感しました。

◇半年間の消防学校で学ぶことは?
技術はもちろん、コミュニケーション能力や協力する事など、消防士として必要なことを同期と半年間数多くのことを学びます。

◇消防士の1日の勤務内容は?
朝の引き継ぎを終え、車両の点検や救急車内の資機材点検、出動訓練などを行います。昼食を取り、午後は訓練や各車両の資機材点検などを行い、夕飯を自分たちで作っています。どの時間でも出動は出来るようにしています。

◇隔日(24時間)勤務あけの日の過ごし方は?
体を休めるため、家に帰り睡眠をとるのですが、管轄の地理調査などを行ってから帰宅するようにしています。また友達と遊びに行ったりしながら、普段の生活と仕事のメリハリをつけています。

◇消防官を目指す人へのメッセージをお願いします。
私は消防士になりたい気持ちをずっと持っていました。諦めない気持ちを持って受験して頂きたいと思います。きついことも沢山ありますが、それ以上に消防士になって良かったと思う瞬間がもっとあります。自分が消防士として働いている姿を想像して諦めないで、目標を持ち日々努力して下さい。

ページの先頭へ
土屋絹弥
土屋 絹弥(消防士/西部消防署/平成28年度採用)
◇消防士になった実感は?
消防学校卒業後、救急出動があり、活動を終えて関係者の方から「ありがとう」と言ってもらえたとき、自分は消防士としての自覚とやりがいを感じ、消防士になったのだと実感しました。

◇半年間の消防学校で学ぶことは?
消防に関する基本的な知識、技術、心構えを、座学や訓練を通して学びます。また寮生活をしていく中で、団体行動での協調性や仲間との信頼関係を築くことの大切さを学ぶことが出来ました。

◇消防士の1日の勤務内容は?
出勤後引き継ぎ、車両や資機材の点検を行います。24時間いつでも出動出来るような体制をとっており、その中で事務作業・訓練等を行い、翌日の朝、引き継ぎをして終了となります。

◇隔日(24時間)勤務あけの日の過ごし方は?
勤務明けは睡眠や運動、趣味に時間を費やし心身のリフレッシュに努めます。

◇消防官を目指す人へのメッセージをお願いします。
消防は常に多くの「命」に携わります。決して楽な仕事ではありませんが、その中でやりがい、達成感を感じながら少しずつ成長していけると思います。自分の中で目標を決めて、諦めない強い心を持ち続けて頑張っていきましょう!


救助指導会

救助指導会

救助指導会
ページの先頭へ
小林勇介
小林 勇介(消防士/西部消防署/平成28年度採用)
◇消防士になった実感は?
救急活動や火災に出場した時に、自分も消防士になって人を守る立場になったんだと実感しました。

◇半年間の消防学校で学ぶことは?
消防に関する基礎的知識、基礎技術を学びます。また、群馬県全域の消防本部から同年代の人が集まっているので、良い仲間にも巡り合えると思います。

◇消防士の1日の勤務内容は?
出勤後引き継ぎ、車両や資機材の点検を行います。また二次点検も兼ねて、資器材の取扱いを行っています。事務仕事や食事作りなどの仕事もありますが、いつでも出動できる準備をしています。

◇隔日(24時間)勤務あけの日の過ごし方は?
明けの日は、友人と遊びに行ったり趣味などに時間を使い、リフレッシュするようにしています。

◇消防官を目指す人へのメッセージをお願いします。
消防は常に危険と隣合わせで、傷病者の命にも関わる緊張した場面が多い仕事です。覚えることや事務仕事も思っていた以上に多く大変ですが、やりがいのある仕事なので、頑張ってください。
ページの先頭へ
市川秦之輔
市川 秦之輔(消防士/西部消防署/平成28年度採用)
◇消防士になった実感は?
消防学校を終え勤務が始まり、現場に出動した時に消防士になったという実感を感じました。また、現場で関係した方々に感謝の言葉を言われた時は、消防士になって良かったと実感しました。

◇半年間の消防学校で学ぶことは?
消防人としての基本的な知識、技術、そして消防人としての在り方を消防学校で学びます。また、消防学校は団体生活で、この先も付き合っていく仲間達と生活を共にするので、共に助け合いながら、生活していきます。

◇消防士の1日の勤務内容は?
出勤したらまず、引継がありその後、車両の点検を行います。空いている時間は、訓練や事務作業などを行い、出動があればすぐに駆け付け、やるべきことをを行います。そして、次の日の朝に引継ぎをして、一日の勤務が終わります。

◇隔日(24時間)勤務あけの日の過ごし方は?
勤務明けは自分の好きなことをして過ごします。私の趣味は、キャンプ、スキーやスノーボードをすることなので、明けのたびにどこかに行っています。

◇消防官を目指す人へのメッセージをお願いします。
私達の仕事は、自分の身を危険にさらし、人の命を守るのが仕事です。ただ、勤務中、常に緊張している雰囲気ではなく、隊の方とコミュニケーションをしたりと、非常に和気あいあいとした楽しい職場です。さまざまな困難もあると思いますが、消防士を目指して頑張ってください!
ページの先頭へ
荻原隆起
荻原 隆起(消防士/東部消防署/平成28年度採用)
◇消防士になった実感は?
消防学校を卒業して、初めて救急や火災に出た時に消防士になったんだと実感しました。

◇半年間の消防学校で学ぶことは?
消防学校では半年間さまざまな事を学ぶことができました。消防の知識はもちろん、仲間の大切さをこの消防学校で知る事ができました。この半年間はかけがえのない日々になりました。

◇消防士の1日の勤務内容は?
8時30分に引き継ぎをし、車両点検を行います。その後、訓練や資器材点検をします。夜も同様に過ごし、仮眠も取ります。そして、翌朝の8時30分に引継ぎを行い、退勤という感じです。

◇隔日(24時間)勤務あけの日の過ごし方は?
勤務明けの日は、体を休めたり、友達と遊んだりして体をリフレッシュさせています。

◇消防官を目指す人へのメッセージをお願いします。
消防士はとてもやりがいがある仕事です。危険な現場に行ったり命を懸けてする仕事です。大変ですが、消防士になりたい人は絶対に諦めないでなってください!消防士になったらかっこいいですよ。一緒に市民の命を助けましょう!


救命講習

指揮車

山岳救助訓練
ページの先頭へ
小山広輝
小山 広輝(消防士/東部消防署/平成28年度採用)
◇消防士になった実感は?
初めて火災や救急に出動し、傷病者を無事に搬送し活動を終えた時、消防士になったんだと実感が湧きました。

◇半年間の消防学校で学ぶことは?
消防職員として現場で活動するための知識、技術を講義や訓練を通して学びます。その他にも、他広域の学生達と集団生活を共にすることで、協調性が身に付き、仲間の大切さを学ぶことができます。

◇消防士の1日の勤務内容は?
朝出勤し、引継ぎを行い、車両や資器材の点検をし、24時間いつでも出動できる準備をします。出動のない時は、救助訓練、消防活動訓練、救急活動訓練を行ったり、書類作成、通信業務も行います。夕食後は同様に過ごし、翌朝引継ぎを行い、退勤となります。

◇隔日(24時間)勤務あけの日の過ごし方は?
勤務明けは、自分の趣味を楽しむこともありますし、次の勤務に支障が出ないよう体を休めます。

◇消防官を目指す人へのメッセージをお願いします。
消防の業務は覚えることも多く、出動すれば常に危険と隣合わせの仕事です。そして人命も関わってきます。難しい仕事ではありますが、その反面、とてもやりがいのある仕事でもあります。これから消防官を目指す方は諦めず、強い気持ちで頑張ってください。共に地域のために頑張っていきましょう。
ページの先頭へ
安齊直人
安齊 直人(消防士/東部消防署/平成28年度採用)
◇消防士になった実感は?
初めて現場に向かう車内で、サイレンの音が響いているのを聞き、消防士になったと実感しました。また、現場活動を想定した訓練を行い、消防士として必要な技術を得るために取り組んでいく中で、日々実感しています。

◇半年間の消防学校で学ぶことは?
消防職員として働いていくための基礎を学びます。消防活動、救助活動、救急活動の訓練の他にも、知識を身に付けるための座学や、集団生活を通して規律を守ることの大切さ、楽しさなど多くのことを学ぶことが出来ます。

◇消防士の1日の勤務内容は?
朝出勤し、隊の引継ぎを行い勤務を交代することから始まり、車両点検、資機材の点検を行い、いつでも出動ができる準備をします。出動以外には火災や救助、救急現場を想定した訓練や事務作業、清掃や食事作りなど様々な業務を行います。

◇隔日(24時間)勤務あけの日の過ごし方は?
体を休ませるために睡眠を取ることが多いです。その他には友人と出掛けたり、体を動かし気持ちをリフレッシュさせるなどして、次の勤務にしっかり臨めるよう過ごしています。

◇消防官を目指す人へのメッセージをお願いします。
消防士になりたいという気持ちを持ち続け、勉強や体力錬成に励んでください。消防士になるということだけを目標とせず、どんな消防士になりたいかを想像して取り組む事が大切だと思うので、その目標に向かって頑張って下さい。
ページの先頭へ
吾妻広域町村圏振興整備組合
〒377-0425
 群馬県吾妻郡中之条町大字西中之条135番地 バイテック文化ホール(中之条町文化会館)内
 電話:0279-75-4700 FAX:0279-76-3060 メールアドレス

このページを閉じる