現役職員から受験者へ一言アドバイス
(掲載順不同)
※訓練等の挿入写真と掲載した2名は直接関係ありません。
◇採用年 令和2年度採用職員

◇消防士になった実感は
 小さい頃から憧れていた消防車に乗り、初めて火災出動した時です。燃え盛る炎に放水し、火災が鎮火したその時、自分は消防士になったんだと強く実感しました。
◇半年間の消防学校で学ぶことは
 消防士に欠かせない基本的な知識や技術はもちろんのこと、現場で活動するための体力や忍耐力も身に付けることができます。また、県内の他消防の方々との共同生活を通して協調性を身に付けるだけでなく、消防人生において大切な仲間を作ることが出来ます。6ヶ月で消防士としての土台を築くことができました。

◇消防士の1日の勤務内容は
 吾妻広域消防は24時間2交替制の勤務です。朝8時30分から引継ぎを行い、車両・資機材の点検を行います。その後、訓練や事務処理を行いますが、出動指令がかかれば迅速に災害現場に向かいます。夕食後には個人での訓練や勉強もできます。

◇隔日(24時間)勤務明けの日の過ごし方
 次の勤務に備えて体を休めたり、趣味などで気分をリフレッシュさせています。また、地理調査をかねてドライブに行ったり、体力作りのため適度な運動を心がけています。

◇消防士を目指す人へのメッセージ
 助けを求めている人のところに駆けつけ、手を差し伸べることができるヒーローのような職業だと思います。辛い事や大変な事はたくさんありますが、それ以上にやりがいがあります。消防士を目指している方々は、強い信念をもち、体力の向上や勉強に努めてください。最初は不安でも先輩職員がフォローしてくれます。一緒に吾妻の安全を守りましょう。お待ちしています。
ページの先頭へ


救助訓練(応用登はん)

消防検査

水槽付ポンプ車(西部消防署)

◇採用年 平成29年度採用職員

◇女性消防士として感じたこと
 女性消防士として男性消防士と比べた時に、体力面などで敵わず悔しい思いを経験したこともありますが、救急出動で傷病者が女性だった時「女性の救急隊員さんで良かった」「ありがとう」と言われた時、この職業で良かったと感じました。
 また、消防という世界では女性は増えつつありますが、まだまだ少ないのが現状です。女性として業務の中で大変なこともありますが、自分のできること、できないことを把握し、隊員間で共有することが大切です。言葉を交わさなくては通じ合えない時もあるので、日常からコミュニケーションをたくさんとるようにしています。
 
◇消防士を目指す人へのメッセージ
 消防士という仕事は、幅広い分野の役割があります。その中でも、危険と隣合わせで人の命に関わる事が多い仕事です。男女で力の差があるのは仕方のないことですが、初めから諦めてしまうようなネガティブ思考はせず、何事にも向かっていく積極性と精神力を持ち続けていくことが大切です。女性だから・・・などと諦めず、消防士を目指して一緒に頑張りましょう!!
ページの先頭へ


救助訓練(ロープブリッジ救出)

航空隊合同訓練

水難救助訓練


救助指導会

災害救護訓練

中之条防災フェア

吾妻広域町村圏振興整備組合
〒377-0425
 群馬県吾妻郡中之条町大字西中之条135番地 バイテック文化ホール(中之条町文化会館)内
 電話:0279-75-4700 FAX:0279-76-3060 メールアドレス

このページを閉じる