ホーム > すべて表示 > ヘッドライン >
■ トピックス

グループ:
ワード検索:
11 - 20 ( 30 件中 ) / グループ:すべてのグループ

吾妻の『道の駅』ご案内
No.73 / Group:
Date: 2017/04/04 [修正]
吾妻郡にはそれぞれ特色のある6つの道の駅があります。

これから吾妻は花の季節を迎えます。
東の中之条町・高山村・東吾妻町から西の長野原町・嬬恋村・草津町、東西南北に時間を追っていろいろな花を楽しむことができますので、ぜひお花見の行き帰りにお立ち寄りください。

▼道の駅 霊山たけやま(中之条町)

▼道の駅 六合(くに)(中之条町)

▼道の駅 八ッ場ふるさと館(長野原町)

▼道の駅 草津運動茶屋公園(草津町)

▼道の駅 中山盆地(高山村)

▼道の駅 あがつま峡(東吾妻町)



↓ 『道の駅』公式ホームページ ↓



http://www.michi-no-eki.jp/
中之条病院新改革プランを策定しました
No.72 / Group:
Date: 2017/03/31 [修正]
 中之条病院では、総務省から示された新公立病院改革ガイドラインに基づき「中之条病院新改革プラン」を策定しましたので、公表いたします。

『中之条病院新改革プラン』

事故時の映像が録画されていなかったドライブレコーダー
No.70 / Group:
Date: 2017/03/17 [修正]
国民生活センターHPより。

「取り付けたドライブレコーダーに事故の映像が残っていなかった。ドライブレコーダーが正常に作動するかどうか調べてほしい。」という依頼を受けました。

 当該品は、自動車内に取り付けて走行中の状況を映像と音声で記録することができるドライブレコーダーでした。当該品の機能として、エンジン始動からエンジン停止までの映像は、microSDカードに常時録画され、容量を超えると古い分から上書きされていきます。また、一定以上の衝撃を検知すると、約1分間(衝撃検知前後30秒間)の映像が別ファイルに保存されます。

当該品を調査したところ、外観に異常は見られませんでしたが、保存された映像を再生しようとしたところ、microSDカードが認識されず再生することができませんでした。

 そこで、パソコンにカードリーダーを接続して、当該品のmicroSDカードを挿し込んだところ、常時録画されたファイルのほか、衝撃検知により保存されたファイルが1個確認されました。しかし、これらのファイルはいずれも事故日よりかなり以前のもので、事故時のファイルは残されていませんでした。また、保存されていたファイルは再生することができませんでした。

 本体の機能に問題がないか確認するため、microSDカードを新品に交換して作動させたところ、常時録画及び衝撃検知による録画ともに正常であり、本体及びパソコンで再生することができました。

続きはコチラへ。 ↓    ↓        



http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20170302_3.html
在宅ワーク事業者2社に関する注意喚起!
No.67 / Group:
Date: 2016/11/24 [修正]
在宅ワークを希望する消費者にホームページ作成料等の名目で多額の金銭を支払わせる在宅ワーク事業者2社に関する注意喚起です。

▼株式会社システムネット
 東京都中央区日本橋兜町17-1-7F 代表 尾田 寛

▼株式会社ビジネスシステム(株式会社ビジネスネット)
 東京都港区虎ノ門2-7-10-2F 代表 伊藤 明

詳細は ↓     ↓

http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/information/pdf/161118adjustments_1.pdf
ヤマト運輸の名前を装った添付ファイル付きの不審メールにご注意ください
No.65 / Group:
Date: 2016/09/13 [修正]
【ヤマト運輸HPより】
 ヤマト運輸の名前を装った添付ファイル付きの不審メールが、不特定多数のお客様に断続的に送信されていますが、ヤマト運輸からは添付ファイル付きのメールをお送りすることはありません。

 不審メールには、ZIP形式のファイルが添付されており、ファイルを開くとコンピューターウイルスに感染することが想定されます。絶対に添付ファイルを開かず、削除いただきますようお願いいたします。

「不審メールの見本(PDFですから開いても安全です。)」


『消費生活相談員』資格試験のお知らせ
No.64 / Group:
Date: 2016/06/07 [修正]
 平成26年6月、消費者安全法が改正され、地方公共団体における消費生活相談体制を強化するために、消費生活センター等に事業者に対する消費者からの苦情に係る相談・あっせんに従事する消費生活相談員を置くこととし、消費生活相談員は、「消費生活相談員資格試験」に合格した者又はこれと同等以上の専門的な知識及び技術を有すると都道府県知事又は市町村長が認めた者から任用することとなりました。

吾妻郡消費生活センターでは、現在相談員の募集はありませんが、県内各地の消費生活センターでは、相談員が足りないところもあります。
興味のある方はこの機会に「消費生活相談員資格試験」を受けてみませんか?

詳しくは国民生活センターホームページをご覧ください。
   ↓         ↓

http://www.kokusen.go.jp/shikaku/shikaku.html
公的機関の職員を名乗った不審な電話にご注意を!
No.53 / Group:
Date: 2015/08/06 [修正]
 県や市町村などの公的機関の職員を名乗り、税金の還付金や払いすぎた医療費を返還するといってATMなどに誘導しようとする不審な電話に関する相談が、県内で昨年度から急増しています。
公的機関の職員が電話で、スーパーやコンビニエンスストアなどのATMに誘導し、還付金の返還の指示を行うことは絶対にありません。
少しでも不審に思ったら、すぐに最寄りの消費生活センターにご相談下さい。

続きは ↓  ↓

http://www.pref.gunma.jp/05/c0900352.html
マイナンバー(社会保障・税番号)制度施行について
No.50 / Group:
Date: 2015/05/22 [修正]
平成25年5月31日に公布された行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(平成25年法律第27号。以下「番号法」という。)の施行により、平成27年10月から個人番号の付番・通知が開始されるとともに、平成28年1月から個人番号カードの交付及び個人番号・法人番号の利用が開始されます。

これに伴い、国民は社会保障・税・災害対策分野のうち番号法で定められた行政手続においてマイナンバーを行政機関及び勤務先企業等へ提示することとなり、事業者は従業員等からマイナンバーの提供を受けて行政機関等へ提出するとともにマイナンバーの適正管理に係る措置を講じることが必要となるなど、マイナンバー制度の導入は、全ての国民、全ての事業者に影響がおよぶものとなります。

つきましては、次のリンクより広報資料をダウンロードしていただきご活用くださいますようお願いいたします。

◆マイナンバー制度広報資料
http://www.aga-kouiki.jp/~info/mynumber_pr.pdf

また、詳細情報につきましては、以下のリンクからご確認ください。

◆内閣官房ホームページ
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/
◆総務省ホームページ(地方税)
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/56538.html
◆国税庁ホームページ
https://www.nta.go.jp/sonota/sonota/osirase/mynumberinfo/index.htm
◆厚生労働省ホームページ
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000062603.html
◆特定個人情報保護委員会ホームページ
http://www.ppc.go.jp
◆政府広報オンラインマイナンバー特設ページ
http://www.gov-online.go.jp/tokusyu/mynumber/index.html
◆マイナンバー公式ツイッター
https://twitter.com/MyNumber_PR

パック型液体洗剤に気を付けて!
No.47 / Group:
Date: 2015/03/19 [修正]
新たな形の洗濯用洗剤である『洗濯用パック型液体洗剤』は、計量の必要がなく簡便という利点があるものの、フィルムが破れ、洗剤が口や目に入る等の事故情報が消費者庁に寄せられています。
フィルムは水に溶けやすいため、子供が握ったり噛んだり遊んでいるうちに、破れてしまうケースが多く、特に3歳以下の乳幼児に被害が集中しています。

また、海外でも同様の洗濯用パック型液体洗剤で、同種の事故が多数報告されています。

乳幼児の手の届かないところで保管するよう注意して御使用ください。

http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20150318_1_1.pdf
消防車のサイレンが変わります!
No.45 / Group:
Date: 2015/03/02 [修正]
サイレンを鳴らして走る消防車。
「どこで火事なの?」と不安になると思います。
最近では、火災以外にもサイレンを鳴らして走るケースが多くなっています。
そこで、平成27年4月1日から消防車が緊急出動するときのサイレン音を火災出動時と、火災以外の出動時で使い分けます。

http://www.fd-agatsuma.jp/siren.pdf
Page:[ ←前 / 1 2 3 / 次→ ]

- WL-News Ver1.02 -